スガたおせ!! 1.18国会開会日行動に集まろう!

20210118bira
PDFダウンロード

チーム緑ヶ丘の皆さんとの交流集会

20201207-1
沖縄・緑ケ丘保育園で2017年に米軍ヘリ部品落下事故があった3年目の12月7日、「チーム緑ケ丘1207」の皆さんとのリモート交流集会を沖縄と東京の会場を結んで開催しました。東京の会場には90人が集まりました。

緑ケ丘の皆さんの闘いをなんとか支援したい、連帯を広げたいという思いがありました。それで、改憲・戦争阻止!大行進実行委員会の7月の呼びかけ人会議で話し合い、取り組みを決めて支援プロジェクトを立ち上げ、DVDの販売活動などを進めてきました。

最初に、大行進事務局の川添順一さんがこの企画に至る経過と目的を説明し、緑ケ丘の皆さんが作成したビデオを視聴しました。政府要請行動の場面で政府側の「米軍は、当該機の部品はそろっている(のでヘリからの落下ではない)と言っている」「(風向きなどで)飛行ルートをはずれても、直ちに違反とは言えない」などの不誠実な返答に会場から怒りの声があがりました。お母さんが「私たちは命の話をしています!」「東京の子どもと沖縄の子どもの命の重さは違うのですか!」と抗議する姿に涙する方もいました。

ビデオ上映後、沖縄と映像がつながり、神谷武宏園長と2人のお母さんが映し出されました。まず、神谷さんがパワーポイントを使って30分余りの講演をして下さいました。

子どもたちの水遊びや泥んこ遊びの元気な様子など、保育園の日常の取り組みについて。事故当時の緊迫した状況、誹謗(ひぼう)中傷があったこと、要請署名活動に立ち上がったことなど。また、普天間飛行場が造られた経緯と宜野湾市の形成などを詳細に話されました。子どもから「なんでお空から落ちてくるの?」と尋ねられたことを紹介しながら、「大人たちがどう答えればよいのでしょうか?」という神谷さんの投げかけは、会場に重く響きました。集会当日の午後3時38分に撮影されたばかりの映像もあり、部屋にいる子どもたちが上空を飛ぶF15戦闘機の大爆音におびえて両手で耳をふさいでいる姿を見ました。

そのあと、2人のお母さんが思いを語ってくれました。「当時は怖さ、怒り、もどかしさで涙も。状況はもっとひどくなっている。私たちの声は届いているのか。子どもの命と環境の問題を訴えているのに」「当時を思い出すと体は震え、涙が止まらない。当時は行かないでと泣いていた娘が今は『がんばってね』と送り出してくれ、子どもにとって大切な3年間が過ぎてきたが、その時間を削って(親が)動いてきた。子どもが毎日危険にさらされるから、親も動かざるを得ない」などの言葉に、会場には共感が広がりました。

続いて、婦民全国協の鶴田ひさ子さんの司会で沖縄へのインタビューが行われました。保育園が地域に根付いていること。基地の問題を話し合うことを避けがちな現状の中で、気軽に語りあえる場として「ことりフェス」を企画したところ、「子どもの命の問題だから」とたくさんの方が集まってくれたこと。生まれも育ちも宜野湾なので基地があるのは当たり前だったが、事故をきっかけに「こんな危険な所に住んでいたんだ」と、「魔法が解けるように、意識や価値観が一変した」と話してくれました。

会場の参加者も、スクリーンに向かって発言に立ちました。「羽田新ルート絶対反対!大井町周辺住民の会」の代表と女性2人は、「羽田低空ルート直下の約60の保育園を手分けして回り、ビラを配った。共感は広がると思う。同じ思いで取り組みたい」と話しました。

三多摩で市民上映会に取り組む男性2人は「(沖縄DVD上映会の)チラシを幼保に届けて話をするが、なかなか魔法は解けない。横田基地もひどいが、沖縄は特別だと認識し直した。緑ケ丘に学び、自分の立っている場でやれることをやりたい」と話しました。

わたし船木明貴は、「子どもたちを大切に育む保育園の日常と、それを支える地域の思いがお母さんたちの背中を押したのでは。命が大事と言うお母さんたちの訴えが共感、共有の原点。緑ケ丘保育園の子どもたちの命を守れと今後も叫んでいく」と連帯を表明しました。

まとめとして、大行進神奈川呼びかけ人の野本三吉さんが発言しました。「当事者として声をあげ続けることの大事さ。沖縄に14年間いて、教員をやっていた。2004年の沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事故は衝撃だった。県民のお金で宮森小学校事故の映画『ひまわり ~沖縄、あの日の空を忘れない~』も作った。そうした思いと歴史が緑ケ丘の皆さんの闘いにつながっていると感じた。きょうの講演とお話はとても感動した。子どもたちの命を守るために、沖縄と本土が一つになって取り組もう」と力強く語りました。
20201207-2
最後に、神谷園長が「保育園上空はますますひどくなっているが、関心を持ってくれる方が増え、その人たちとつながることが力になると感じている。皆さんが立っているところから考え、一緒に行動していけたらと思う。命の問題なので必ず現状は変えられる」と話されました。お母さんたちも「ユーチューブで講演会を配信するようにしました。『チーム緑ケ丘1207更新中』というチャンネルです。ぜひご覧下さい」と訴え、熱いエール交換と感動のうちに閉会しました。
(改憲・戦争阻止!大行進神奈川・船木明貴)

YouTube チーム緑ヶ丘1207更新中

12.6横田基地デモ、12.6川崎集会デモ、12.7緑ヶ丘支援集会

20201207mdr
ダウンロード

20201206osp
ダウンロード1206川崎集会デモ
ダウンロード


Go To 11.1日比谷!

1101bira01
1101bira02
ダウンロード
ダウンロード(黒赤2色刷り用)

10.26臨時国会行動、11.1日比谷へ!

1026-1
1026-2
PDFダウンロード
データはB5サイズなので、印刷する際は拡大等をしてください。
ギャラリー
  • 事務局ニュース9号
  • 事務局ニュース9号
  • 五輪開会式粉砕、7.23渋谷デモ!!
  • 五輪開会式粉砕、7.23渋谷デモ!!
  • 改憲とめよう!五輪中止!6.6新宿大行進
  • 改憲とめよう!五輪中止!6.6新宿大行進
  • 改憲とめよう!五輪中止!6.6新宿大行進
  • 改憲とめよう!五輪中止!6.6新宿大行進
メッセージ

名前
メール
本文
大行進のノボリ旗

1枚1000円です。お申し込みは↑のメッセージ欄でどうぞ。
大行進 実行委員会
【呼びかけ】
西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、
根津公子(「日の丸・君が代」不起立被処分者)、
花輪不二男(世田谷地区労顧問)、
森川文人(弁護士、憲法と人権の日弁連をめざす会)、
全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、
全国金属機械労働組合港合同、
国鉄千葉動力車労働組合

【連絡先】
千葉県千葉市中央区要町2-8 動労千葉気付 TEL.0432227207
東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5F 全国労働組合交流センター気付
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ