報告

6・28新宿反戦デモの報告――次は7・8阿佐ヶ谷デモへ

 6月29~30日のNATO首脳会議への岸田の出席に対して、「岸田のNATO首脳会議出席を許さない!改憲・戦争阻止!岸田倒せ! 6・28新宿反戦デモ」を180人の結集で闘いぬきました。
DSC_0239
DSC_0314

 18時30分、新宿アルタ前でデモ前のアピールを開始。呼びかけ人の高山俊吉弁護士、洞口朋子・杉並区議に続き、新・戦争協力拒否宣言を発した動労千葉の中村仁副委員長、大行進東京の先頭で闘う東京労組交流センターの自治体労働者、NAZEN東京、そして全学連が熱のこもった訴えを行いました。
DSC_0013

 国防-安全保障政策を競い合い、改憲・大軍拡の大合唱となっている参院選の真っ只中で、同時に戦争と生活破壊への労働者人民のわき上がる怒りの先頭に立って、デモを闘い抜きました。戦争絶対反対、岸田打倒の訴えとデモに、街頭の圧倒的注目と合流(多くの飛び入り)がありました。

DSC_0118
DSC_0305
DSC_0333

 何よりも、G7サミットとNATO首脳会議は、ウクライナ戦争-世界戦争過程における、5月の日米首脳会談に続くいまひとつの歴史的転換点となるような戦争会議として開催されました。
 NATO首脳会議では、①新たな「戦略概念」が採択され、ロシアを「最も重大で直接的な脅威」とし事実上の敵国と認定した。②具体的には欧州東部の軍事体制を見直し、「即応部隊」を現在の4万規模から30万人以上へと大幅に増強する。米バイデン大統領は、東欧で初となる恒常的な米軍司令部を、ポーランドに新設することも表明した。③さらにフィンランド、スウェーデンの2カ国のNATO加盟でも合意した。④「戦略概念」は対ロシアと同時に、インド太平洋地域への関与を大きな柱と位置づけ、中国について欧米への「組織的な挑戦」を突きつけていると初めて明記した。
 岸田は、このNATO=軍事同盟と一体化して参戦国として登場すると同時に、対中国侵略戦争の一角にNATOを位置づけるための主導的役割を果たすために首脳会議に出席したのです。絶対に許すことはできません。
 これに対して、真っ向から怒りの声をたたきつけました。改憲・戦争阻止、岸田打倒へさらに行動に立ち上がろう!

〈呼びかけ人2氏のアピール〉
●高山俊吉弁護士
DSC_0022
 私たちは戦争にたいして言葉だけではなく本当に反対をするために、みなさんと一緒に戦争絶対反対の行動をしたいとの思いでここに集まっています。
 岸田がNATOの首脳会議に参加する。これは一体何事か。
 NATOというのは軍事同盟、戦争をともにやろうという集まりです。アメリカがその中心にすわってヨーロッパの国々を結集し、ウクライナ・ゼレンスキーを応援してロシアとの戦いを強めるという戦争会議です。この戦争会議に、NATO加盟国でない日本の岸田が参加する。何のために参加をするのか。自分たちも一緒に戦争をやろう、こういうエールを送るために行こうとしている。我々はこれを絶対に許さない。
 岸田がNATOに出席するのは同時に、日本が中国に再びの侵略戦争を開始するためだ。NATOをその時の味方につけるということを目論んで参加をする。だから私たちは、岸田がNATO首脳会議に参加することを許してはならない。
 今、参議院選挙が行われています。戦争を進めることに自民党も維新の会も一生懸命だ。ごちゃごちゃ言いながら国民民主党もそこにくっついている。結局戦争翼賛だ。日本共産党含め、ゼレンスキー賛美の参議院議長に賞賛を送っても、戦争反対の声を挙げられないでいる。こんな選挙のどこに争点があるのか。
 本当のたたかいの現場はどこにあるのか。私たちが行動に決起するところにあるのだ。何の役割も果たさないどころか、極めて悪辣な役割を果たしているこの国の政策に対して、私たちがNOを突きつけて立ち上がろう。
 反戦の声をこれまでよりも何倍も何千倍も強くあげよう。一緒に声をあげて、二度とあの戦争を繰り返さない、繰り返させないということを、自身の行動でもって示そうじゃないですか。戦闘的に闘いましょう。

●杉並区議会議員・洞口朋子
DSC_0028
 ウクライナ戦争が始まって4カ月が過ぎました。アメリカやNATOはウクライナにバンバン武器を送って、泥沼化させています。戦争を止める気なんてないどころか、むしろ軍需産業がこの戦争でぼろ儲けしてる。本当に腐ってる! しかも戦場に行くのはあいつらじゃない。殺し合わされるのは労働者民衆です。こういう連中が明日、NATOの首脳会議をやる。それに岸田が参加するということは、日本が参戦国として名乗りを上げるということです。絶対に許せない。
 戦争と物価高騰に対して、世界中でストライキやデモが巻き起こっています。あらゆる政党が「国を守る」と言い合っているような参院選をこえて、私たちも日本から声を上げていきましょう!

★次は7・8阿佐ヶ谷反戦デモへ

日米首脳会談・クアッド粉砕!5・22全国闘争の報告

日米首脳会談・クアッド粉砕!5・22全国闘争
日米首脳会談・クアッド首脳会合=戦争会議粉砕! 中国侵略戦争-世界戦争阻止! 岸田・バイデン打倒!の怒りに燃えて、東京港区の芝公園に全国から750人が結集。総決起集会をかちとった。
DSC_0126
DSC_0145
主催者を代表して、改憲・戦争阻止!大行進呼びかけ人の高山俊吉弁護士があいさつ(末尾に要旨掲載)
DSC_0022
大行進呼びかけ3労組から、動労千葉・関委員長、関西生コン支部・武谷書記次長、港合同・木下執行委員がアピール
DSC_0029
全学連・赤嶺委員長が集会の基調報告
DSC_0066
5・22基調①
5・22基調②
ダウンロード

全学連が鮮烈な決意を表明
DSC_0112
「団結がんばろう!」をしてデモに出発
DSC_0104
全学連を先頭にした第1梯団は首都厳戒態勢を打ち破る力強いスクラムデモ
DSC_0437
DSC_0489
途中、アメリカ大使館前の交差点で国軍クーデターに抗議のスタンディング行動を闘うミャンマー人とエールを交換
DSC_0237
呼びかけ人を先頭にした第2、第3梯団も迫力あるデモを貫徹
DSC_0756


5・23日米首脳会談、5・24クアッド首脳会合当日も連続デモを闘った
●5月23日、日比谷公園霞門を出発点に130人のデモ
DSC_0079
●5月24日、市ヶ谷駅前を出発点に100人のデモ
DSC_0178


●5・22集会での高山弁護士の主催者あいさつ
 今日は5月22日。バイデンが韓国から横田基地を経てこの日本・東京に来るという。われわれはこれを絶対に許さない。そのことを全国の労働者、青年・学生、市民、多くの人々に戦闘的に伝える抗議の行動を決行したいと思います。
 日米首脳会談粉砕! 日、米、オーストラリア、インド4カ国の首脳会合粉砕! このことが私たちの目標です。沖縄闘争に続いて、直結する形でこの闘いが組まれています。けれどもこれは偶然のことではない。歴史、そして情勢の生み出したものです。大変ではあるけれど、全世界で反戦を目標として立ち上がっている人々と心の底から連帯してがんばろう。
 今回の日米首脳会談で何が議論されるかは、昨日の米韓首脳会談と共同声明で明らかです。まず「台湾海峡の平和と安定の重要性」を強調している。戦争を開始するということだ。クアッドの枠組みに韓国の大統領が関心を示したということがわざわざ書かれている。中国侵略戦争で韓国が確実に米日の立場に立って行動することを約束させた最初の事態です。
 軍事経済体制とも言うべき経済安保も確認した。「中国に依存しすぎている経済は中国との戦争をする際には非常に大きな差し障りになる。それを何とか止めよう」というやりとりが米韓の間で交わされた。
 そして核兵器や通常兵器を含む「拡大抑止」ということが確認された。ウクライナで今アメリカがやっていることをアジアでもやると確認した。明日あさっては、このアジアで中国侵略戦争を開始する戦争会談として位置づけられている。これを絶対に許してはならない。
 岸田政権は何を言うか。「よし引き受けた」と言って立ち上がるんです。ウクライナ戦争の当事国であるアメリカが日本帝国主義と共に中国への侵略戦争に立ち上がる。凋落(ちょうらく)激しいアメリカ帝国主義が生き残りをかけて戦争を開始しようとしている。そして良い機会が来たとばかりに岸田政権がこれに参画しようとしている。財界がこれをバックアップしようとしている。
 闘う国会内政党などいない。私たちががんばろう。私たちの声に呼応してくれる多くの人々がいる。今日の警備のすさまじさは驚くべきものがある。彼らは国民の多くがバイデン・岸田のもくろみを批判し反発していることをよくよく心得ているから、こういう警備をしている。今日のこの集会と街頭での戦闘的な行動が新しい状況を切り開くことを確信します。共にがんばりましょう。

5・15沖縄闘争の報告

【5月14日】
■国際通りデモ
DSC_0197

■「復帰」50年 5・14沖縄集会
会場の沖縄青年会館には250人以上が結集。集会の最後に赤嶺全学連委員長が決意表明。
DSC_0187


【5月15日】
■記念式典弾劾デモ
普天間基地に隣接する上大謝名さくら公園で総決起集会。学生・青年が闘いの先頭に立つ決意を表明。
DSC_0032
DSC_0124
式典会場である沖縄コンベンションセンターへ向けてデモ
DSC_0275

■式典会場前での抗議行動
機動隊と激突しながら次々に怒りのコールと訴え。
「式典弾劾、岸田打倒」「安保粉砕、基地撤去」DSC_0315
DSC_0295
DSC_0400


【5月16日】
■辺野古現地闘争
ゲート前で土砂搬入阻止の座り込み。500人以上が結集し、朝の搬入は1時間以上阻止した。
DSC_0241


■大行進沖縄の5・15報告ビラ
FUKvWg5UcAIz9P5
FUKvWuaUEAACEiN



 

4・28沖縄デー 全国統一行動 ~ 5・1メーデー闘争

【4・28沖縄デー 全国統一行動】
■4・28防衛省デモ・抗議行動

法政大学前から防衛省へ向けてデモ
DSC_0020
防衛省正門前で抗議行動
DSC_9172
在日ビルマ市民労働組合の仲間とともに
DSC_9204

防衛省への申し入れ書
4・28防衛省申し入れ
ダウンロード


■4・29横田デモ
大行進三多摩実行委員会の主催で、米空軍横田基地へのデモ
DSC04063


■5・1新宿メーデー 反戦デモ
新宿アルタ前でリレーアピールの後、東京労組交流センターや動労千葉を先頭に新宿反戦デモ
DSC_0154

台湾・中国・沖縄を核の戦場にさせない! 改憲阻止!岸田たおせ 4・23集会デモ 写真報告

すみだリバーサイドホールでの集会に350人が結集。
DSC_0094
森川文人弁護士が基調講演
DSC_0035
全学連・赤嶺知晃委員長が5・15沖縄闘争~5・22闘争への結集への熱烈な訴え
DSC_0075
ミサイル基地いらいない宮古島住民連絡会の清水早子さんがオンラインアピール
DSC_0068
集会後、浅草をデモ。圧倒的注目・声援、飛び入りがありました。
DSC_0033
DSC_0097
DSC_0154

3・26新宿反戦デモの写真報告

ウクライナ戦争とめよう!日本の参戦国化を許すな!改憲阻止・岸田倒せ!
3・26新宿反戦デモ

新宿アルタ前でデモ前のリレーアピール。全学連、大行進呼びかけ人の洞口朋子杉並区議、高山俊吉弁護士、森川文人弁護士が訴え。
DSC_0036

高山弁護士「「いまプーチン批判には2種類ある。本当に戦争を止めたいと思う人々の対極で、『平和』を語りながら戦争が拡大することを期待している連中がいる。アメリカ・バイデン政権はNATOをもってロシアを制圧しようとしている。そして岸田政権は、ロシア軍がやっているのと同じように、昨年秋には10万人もの陸上自衛隊部隊を動員した演習を行い、沖縄を対中国の戦争の最前線基地にしようとしている。こういう連中を倒さなければならない」
DSC_0050
新宿駅を1周するデモ
DSC_0086
「戦争反対!岸田倒せ!」のコールに圧倒的注目と多くの飛び入りも。
DSC_0169


■デモ出発前の洞口朋子杉並区議会議員のアピール
20220402a-2
 今日のデモはロシアのウクライナ侵攻を絶対に許さないデモです。ウクライナ侵攻の開始から1カ月たちました。多くの民衆が虐殺され、ロシアの兵士にも多くの犠牲者が出ています。
 この戦争は一体、誰のための、何のための戦争なのかを今こそはっきりさせなければいけない。岸田政権はこのウクライナ戦争をも契機として、憲法改悪と核武装、日米帝国主義による中国侵略戦争に突き進んでいます。この攻撃を絶対に許してはなりません。
 国会を始め議会では、自民党から日本共産党まで、すべての既成政党がロシア・プーチンのみを非難して自国政府の戦争、あるいはアメリカ帝国主義の戦争には何も言わない、反対しないという、許しがたいことが起きています。
 先日の国会でのゼレンスキー演説に続いて、大阪市議会はウクライナの駐日大使をにオンラインで演説させようとしています。そういう動きが地方議会で始まっています。私たちはこの戦争に絶対に加担してはいけない。ロシア・プーチンのみを非難するのではなく、アメリカ帝国主義とNATO、そして日本の岸田政権、こういう戦争している自国の政府を全員引きずり倒して、今こそ戦争のない社会をつくる時だと思います。
 ロシアの反戦デモは、プーチン政権の許しがたい弾圧のもとで闘いぬかれています。ウクライナでも、新自由主義者のゼレンスキーと対決して、労働組合が闘っています。私たちが闘うべき相手は資本であり、権力です。バイデン、プーチン、岸田政権――戦争で利益をむさぼるこうした連中を全員、一人残らず倒しましょう。皆さん、一緒にデモをやりましょう。一緒に声を上げましょう。

3・21~22沖縄闘争の写真報告

<21日>
■県庁前集会
集会開始前の街宣。1月に続いて右翼の街宣車(5台)が妨害に来たが、戦争への怒りの訴えで圧倒した。中距離核ミサイル配備反対の署名が多く集まり、右翼に抗議する人も何人も現れた。
DSC02801
県庁前集会。赤嶺全学連委員長が基調アピール。ウクライナ戦争絶対反対、プーチンも米・NATO、岸田も労働者の敵だ、沖縄の最前線基地化・戦場化を絶対に許さない、ウクライナ戦争-中国侵略戦争-世界戦争を止め、岸田政権を打倒する5・15沖縄闘争へ!
さらに大行進沖縄、沖縄労組交流センター、県内で労組を結成して闘う青年からの訴えに続き、全国からかけつけた学生たちが闘いのアピール。
DSC02888

■国際通りデモ
DSC03019
DSC03091
DSC03099


<22日>
■辺野古ゲート前座り込み
DSC03140
DSC03189
DSC03205
DSC03214
DSC03217

■陸上自衛隊・勝連分屯地への抗議行動
大行進沖縄から、勝連分屯地への地対艦ミサイル配備、連隊本部設置に反対する申し入れ。
DSC03313

DSC03335
DSC03375
自衛隊員は侵略の銃を握るな! 戦争進める岸田政権打倒へともに闘おう!
DSC03346


■嘉数高台公園から米海兵隊MV22オスプレイが常駐する普天間基地を見学
DSC03391


<23日>
学生と一緒に石垣島に行って、自衛隊駐屯地建設・ミサイル部隊配備に絶対反対で闘う方々と交流し、建設現場などを案内していただきました。
DSC03459
自衛隊駐屯地の建設現場(工事車両出入口)
DSC03479


ギャラリー
  • 事務局ニュース20号
  • 事務局ニュース20号
  • 事務局ニュース20号
  • 事務局ニュース20号
  • 米日の中国侵略戦争-世界戦争阻止の巨大な反戦闘争を!  安倍「国葬」粉砕! 改憲・戦争の岸田たおせ! 8~9月決戦へ
  • 米日の中国侵略戦争-世界戦争阻止の巨大な反戦闘争を!  安倍「国葬」粉砕! 改憲・戦争の岸田たおせ! 8~9月決戦へ
  • 米日の中国侵略戦争-世界戦争阻止の巨大な反戦闘争を!  安倍「国葬」粉砕! 改憲・戦争の岸田たおせ! 8~9月決戦へ
  • 米日の中国侵略戦争-世界戦争阻止の巨大な反戦闘争を!  安倍「国葬」粉砕! 改憲・戦争の岸田たおせ! 8~9月決戦へ
メッセージ

名前
メール
本文
大行進のノボリ旗

1枚1000円です。お申し込みは↑のメッセージ欄でどうぞ。
大行進 実行委員会
【呼びかけ】
高山俊吉(弁護士)
森川文人(弁護士、憲法と人権の日弁連をめざす会)、
野本三吉(ノンフィクション作家)、
福島尚文(OB記者)、
洞口朋子(杉並区議会議員)、
全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、
全国金属機械労働組合港合同、
国鉄千葉動力車労働組合

【連絡先】
千葉県千葉市中央区要町2-8 動労千葉気付 TEL.0432227207
東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5F 全国労働組合交流センター気付
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ